法人口座を開設するときの必要書類について

法人口座とは?個人口座との違い

法人口座とは、口座の名義が会社名になっているものです。口座名を会社にすることで外部から信頼を得ることができ、大口の現金のやり取りもスムーズになります。会社を設立したときに必ず開設しなければならないものではありませんが、法人口座を作っておけば何かと便利です。個人の口座でやり取りをしても構いませんが、取引の内容によっては法人口座でなければ契約を結べないケースもあるのです。法人口座があることで法人と個人の権利や義務などがきちんと区分けされていると判断されて、信頼に繋ります。また税務署などもお金の調査がしやすくなり、脱税などのあらぬ疑いを掛けられにくくなるのもメリットです。

準備するべき必要書類について

法人口座を開設するためには会社の商業登記簿謄本や会社印、会社の定款や代表者の印鑑証明書、代表者の実印や身分証明書、会社の実態が分かる資料などです。特に重要と言われているのが、登記事項証明書と印鑑証明書です。登記事項証明書は法務局の窓口でも取得することが出来ますが、時間が無いときにはオンラインで取り寄せられます。混雑しやすい窓口に並ぶ必要はなく、手軽に取り寄せられるのが嬉しいポイントです。専用ホームページにアクセスして登記事項証明書の請求書を作成し、それを送信します。手数料を振り込んだら完了です。書類は郵送での受け取りか、窓口での受け取りどちらかを選べます。印鑑証明書もオンラインで取り寄せることができ、時間の節約にもなります。

銀行などで法人口座を開設するときは、必要書類が厳格に定められています。書類さえきちんと準備できれば大丈夫ですので、ホームページなどで確認してから窓口で相談すればスムーズです。