ファクタリングは事業資金の確保に最適って本当なの?

ファクタリングは売掛債権があるなら魅力的

事業資金の確保にファクタリングが良いかどうかは売掛債権があるかに大きく依存します。事業の内容によって売掛債権を得やすいかどうかが大きく異なるからです。ファクタリングは売掛債権がなければ資金調達になりません。また、信頼性が高い売掛債権でないと手数料が高くなってしまうことが多く、回収できるかどうかに不安があると断られることもあります。いつも安定して支払いをしている売掛先なら高い買取率になりますが、初めての取引先で大企業でもないとなると買取率が低くなりがちです。売掛債権があったとしてもファクタリング会社にとってリスクが高い場合にはファクタリングのメリットが小さいので注意しましょう。

最適かどうかはケースバイケース

ファクタリングが最適な事業資金の確保方法のこともよくあります。ファクタリングは売掛金の回収を早める手法と解釈することもできるため、資金繰りで苦労している企業にとっては助かります。融資をたくさん受けている状況でも関係はなく、融資額が多いからといって断られることはほとんどありません。ただ、売掛金の支払いを受けるはずだったタイミングで入金がなくなります。そのお金で賃料の支払いをしようと計画していたような場合には、別の方法で資金を調達する必要が生じます。そのため、明確な使用目的が決まっていない売掛債権があるならファクタリングは最適な資金調達でしょう。しかし、売掛債権と資金用途が紐づけされている状況の場合にはあまり適していないので注意が必要です。

事業資金を大阪で調達したいなら、補助金や助成金の対象かどうかを確認してみましょう。クラウドファンディングで資金を募ることもできます。