意外と盲点!?受験における塾活用のメリット

自分の学力に合った授業が受けられる

学校では、さまざまな学力の生徒と一緒に授業を受けます。当然、授業は中くらいのレベルで進められることになります。生徒によっては簡単すぎたり難しすぎたりするでしょう。しかし学習塾では、個別指導であっても集団指導であっても、生徒の学力に合わせた指導が受けられます。成績アップのためには、今の自分の学力がどのレベルにあるのかを正しく認識することが大切。学習塾では過去の成績や得意科目、不得意科目などを総合的に見て、志望校合格のために必要な学習法を提案してくれます。

競争心に火が付く!他校の生徒との比較

学習塾には他の学校の生徒たちも通ってきます。他校の授業の進度や宿題の量などの情報も入ってくるでしょう。自然、自分の学校と比較することになるため、「このままではまずい」と猛烈に勉強し始める生徒も出てきます。自分の実力を客観的に把握しやすくなり、良い意味で競争心を煽られるのでしょう。こうした環境は、受験当日にも役立ちます。知らない人たちに囲まれて試験を受けるのは緊張するものですが、普段から他校の生徒たちと机を並べて勉強していれば、受験という大舞台でも集中して問題に取り組めるでしょう。

豊富な過去問で志望校の傾向がつかめる

志望校の入試の傾向を把握し、対策をとるのが合格への近道です。そのため入試問題を毎年ストックし、受験対策に活用している学習塾は多いです。受験直前は過去問を繰り返し練習し、弱い部分を徹底的につぶしていくのが効果的。分からないところや欲しい問題があるときは遠慮なく相談し、アドバイスをもらうといいでしょう。

個別指導の最大のメリットは、理解度に応じた指導をしてもらえる事ですが、それ以外に、家庭教師を頼むより安く済むといった、コストメリットもあります。