通信制大学院の入学先を選ぶ際はどのような点を押さえておくべき?

在宅で研究しやすいシステムが整っているか確認しよう

通信制大学院は、社会人が職業生活に役立つスキルを習得したり、専門分野の研究を進めたりするうえで絶好の環境が用意されています。また、通信制大学院を設置する大学の方針にもよりますが、ほとんどスクーリングや実習に参加をすることなく修士や博士の学位を得られるところもあるため、多忙な生活を送っている社会人にとって大きな利点があります。そうした中、通信制大学院の入学先を選ぶにあたっては、在宅で研究しやすいシステムが整っているかどうか、興味のある大学院のホームページや入学願書などを通じて確認することが大切です。特に、文系の通信制大学院においては、テキストやオンライン教材などを使った学習がメインとなるため、自分の学力や生活スタイルに合うところを見極めることが重要です。

学位を取得できるまでに掛かる費用の相場を調べよう

通信制大学院は、定期的な通学が必要な一般の大学院と比べると学費がリーズナブルなところが目立ちますが、仕事や子育てなどの事情で長く在籍をする場合には、出費が高額になってしまうこともあります。そうした問題を防ぐには、いくつかの通信制大学院の資料を使って、目標の学位を取得できるまでに掛かる費用の相場についてしっかりと把握することが大切です。また、学費を最小限に抑えたい人は、授業料だけでなく、入学金や施設利用料なども安く設定されているところや、履修をした講義の数によって学費が決まるところを選ぶと良いでしょう。なお、成績優秀者や、経済的に困窮している学生を対象に独自の奨学金制度を用意している通信制大学院も少なくありません。

通信制大学院は、毎日大学に通う必要がないので、仕事をつづけながら修士課程を学ぶことができます。仕事のステップアップのために大学院進学を考えている人に向いている学び方です。