心理学の学び方を選ぶときのポイントを解説します

心理学を学ぶ方法とは

心理学を学ぶ方法はいくつもあります。具体的には本を読むこと、大学で心理学を専攻すること、通信講座を申し込むことなどが挙げられます。これらの学び方をどう選択するかによって得られる知識や技能に違いが生まれることもあります。また、かかる費用も異なるので学び方は慎重に選ぶ必要があるといえるでしょう。

大学で心理学を学ぶメリットとデメリット

心理学を本格的に学ぶにあたって大学で専攻するということには、たくさんのメリットがあります。その1つはプロの指導を受けられることです。大学で心理学を教えているのは心理学の教授または準教授がほとんどであり、心理学のプロといえる方々なので極めて専門性の高い指導を受けることが出来ます。また、発達心理学、教育心理学、認知心理学などそれぞれの分野を選択して学べることもメリットといえます。独学ではどうしても学習のペースを作りづらいという方も、大学進学で心理学を学ぶことでじっくりと本腰を入れて学ぶことが有効となります。デメリットは費用と時間がかかることです。

本で学ぶことのメリットとデメリット

心理学を気軽に学びたい方には専門の本を読むという方法もあります。昨今では心理学に関する様々な本が販売されており、話題になることも少なくありません。本の中には物語風になっているものや漫画風になっているものもあり、心理学を学ぶことへのハードルが低くなることが大きなメリットです。他の趣味や仕事との両立もさせやすいといえるでしょう。根気がないと続けにくくなってしまうことがデメリットです。本だけで心理学を学び続けることには強い意思や関心が必要となります。

通信制の心理学の大学では、教授が一般人向けに多目的ホールなどで、不登校や発達障害などの様々な講演を行ったりしています。